2015/09/25

Office 2016と2013のプロダクト キーを確認する

9月22日、Office 2016が無事リリースされました。
早速数台のPCにmsdn版Office 2016をインストールしてみましたが、入れすぎたせいかどのPCにどのプロダクト キーを入力したのか忘れてしまいました。また、Office 2013も乱立しているのでかなりカオスな状況。
Office 365 ProPlusの場合はOffice 365の管理画面から「どのPCにインストールしたか」が分かりますが、msdn版や個人で購入したリテール版はそのような機能が見当たらないので一台一台プロダクト キーを確認してみました。
今回は、Office 2016と2013のプロダクト キーを確認する方法をメモ。

背景

常日頃、msdn サブスクリプションを使用し各種検証をしています。
検証をし続けるとよく問題となるのがプロダクト キーの管理面です。
  • どのPCにどのプロダクト キーが入力したのか?
  • 未使用のプロダクト キーはどれか?
  • このプロダクト キーはMSDN版?それとも、個人で購入したリテール版?
そこで、インストールされているOfficeのプロダクト キーを把握する方法がないか?調べてみた次第です。

    Office 2013のプロダクトキーを確認する

    Microsoft サポート「インストールされている Office 2013 または Office 2010 のプロダクト キーを特定する方法」によるとOfficeのプロダクトキーは下記手順で確認できます。
    1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動
    2. ospp.vbsを実行
      • 32bit OS+32bit Office
        cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus
      • 64bit OS+32bit Office
        cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus
    3. 「Last 5 characters of installed product key」にある5桁も英数字を確認
    なお、25文字(5x5)のプロダクトキーは表示されません
    表示されるのはプロダクト キーの下5桁だけですが、msdn版のどのプロダクト キーか、又個人で購入したリテール版かの違いは(私的に)容易に確認できました。

    下記はリテール版Office Professional 2013のプロダクトキーを確認した結果です。
    MSDN版の場合、結果は少し異なりました。
    License Nameが二つありますが、ライセンス認証されているのはMSDNの文字が書かれた箇所になります。

    Office 2016のプロダクトキーを確認する

    Office 2016のプロダクト キーを確認する方法はOffice 2013と全く同じでした。
    ただし、Office 2013とファイル パスが異なるので注意してください。
    1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動
    2. ospp.vbsを実行
      • 32bit OS+32bit Office
        cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus
      • 64bit OS+32bit Office
        cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus
    3. 「Last 5 characters of installed product key」にある5桁も英数字を確認
    Office 2013同様、プロダクト キーの下5桁が表示されます。

    Office のプロダクトキーを確認する他の方法

    もう一つは、slmgr.vbsを使うパターンです。
    1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動
    2. cscript.exe slmgr.vbs /dlv all を実行
    Windows OSのライセンス情報を含め多数表示される=分かりにくいため、ospp.vbsを利用する方が私にはあってそうです。
    余談:Office 2016は何が新しくなったの?
    Office 2016の新機能は下記リンクで確認できます。気になる方は是非読んでみてください。
    Office 365 ProPlusの場合、アップデート モデルはWindows Update for Business同様のようで、「Current Branch」と「Current Branch for Business」のグループに分けられているそうです。
    余談:ospp.vbsの使い方
    今回利用したospp.vbsの各種オプションはospp.htmで説明されています。
    inpkey,dstatus,rearmあたりのオプションは今後多用しそうだなぁ

    Global /Options
    Description
    /act
    Activate installed Office product keys.
    /inpkey:value
    Install a product key (replaces existing key) with user-provided product key. Value parameter applies.
    /unpkey:value
    Uninstall an installed product key with user-provided partial product key (as displayed by the /dstatus option). Value parameter applies.
    /inslic:value
    Install a license with user-provided path to the .xrm-ms license. Value parameter applies.
    /dstatus
    Display license information for installed product keys.
    /dstatusall
    Display license information for installed licenses.
    /dhistoryacterr
    Display MAK/Retail activation failure history.
    /dinstid
    Display installation ID for offline activation.
    /actcid:value
    Activate product with user-provided confirmation ID. Value parameter applies.
    /rearm
    Reset the licensing status for all installed Office product keys.
    /rearm:value
    Reset the licensing status for an Office license with user provided SKUID value (as displayed by the /dstatus opton). Value parameter applies.
    /ddescr:value
    Display the description for a user-provided error code. Value parameter applies.
    KMS client /Options
    Description
    /dhistorykms
    Display KMS client activation history.
    /dcmid
    Display KMS client machine ID (CMID).
    /sethst:value
    Set a KMS host name with user-provided host name. Value parameter applies.
    /setprt:value
    Set a KMS port with user-provided port number. Value parameter applies.
    /remhst
    Remove KMS host name (sets port to default).
    /cachst:value
    Permit or deny KMS host caching. Value parameter applies (TRUE or FALSE).
    /actype:value
    Set volume activation type. Value parameter applies. (Windows 8 and above support only)
    Values: 1 (for AD) or 2 (for KMS) or 3 (for Token) or 0 (for all).
    /skms-domain:value
    Set the specific DNS domain in which all KMS SRV records can be found. This setting has no effect if the specific single KMS host is set via /sethst option. Value parameter applies. (Windows 8 and above support only)
    Value:FQDN
    /ckms-domain
    Clear the specific DNS domain in which all KMS SRV records can be found. The specific KMS host will be used if set via /sethst option. Otherwise default KMS auto-discovery will be used. (Windows 8 and above support only)
    Token /Options
    Description
    /dtokils
    Display installed token-based activation issuance licenses.
    /rtokil:value
    Uninstall an installed token-based activation issuance license with user-provided license id (as displayed by the /dtokils option). Value parameter applies.
    /stokflag
    Set token-based activation only flag. (Windows 7 support only)
    /ctokflag
    Clear token-based activation only flag. (Windows 7 support only)
    /dtokcerts
    Display token-based activation certificates.
    /tokact:value1:value2
    Token activate with a user-provided thumbprint (as displayed by the /dtokcerts option) and a user-provided PIN (optional). Value parameter applies.
    Prior to running ospp.vbs ensure that:
    Windows firewall allows WMI traffic on remote computer.
    You have or pass credentials with required permissions on remote computer.
    Cmd.exe is elevated (right click > Run as administrator).
    Sample Usage
    cscript ospp.vbs /act  'Activate Office on local computer.
    cscript ospp.vbs /act mypc1  'Activate Office on remote computer mypc1 with current credentials.
    cscript ospp.vbs /inpkey:MFKXT-F6DT2-THMRV-KDWH2-TCDTC  'Install an Office product key on local computer.
    cscript ospp.vbs /inslic:\\myserver\licenses\tail.xrm-ms 'Install license on local computer.
    cscript ospp.vbs /inslic:"\\myserver\work licenses\office2016 tail.xrm-ms" mypc1 'Install license on remote computer mypc1. Note the path is enclosed in "" since the value contains spaces.
    cscript ospp.vbs /ddescr:0xC004F009 'Display the description for error code.
    cscript ospp.vbs /actype:1 'Set volume activation type to Active Directory only.
    /Token only
    cscript ospp.vbs /rtokil:4476b20e 'Uninstall an issuance license with license ID.
    cscript ospp.vbs /tokact:96DE6755ABE0BC7D398E96C3AA3C7BFE8B565248 'Token activate with thumbprint.
    cscript ospp.vbs /tokact:56AE6755AAB0BC7D398E96C3AA3C7BFE8B565256:54344 'Token activate with thumbprint & PIN.
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク